家庭教師のメリット

現在、家庭教師という存在が以前よりも急激に減少しています。
その背景には、少子化が大きく影響していることでしょう。
しかし、家庭での教育費はゆとり教育以降上昇を見せています。
そのため、少子化というだけの理由で家庭教師という存在が薄れている訳ではありません。
その理由とは、家庭教師という他人を家庭へ入れるということに抵抗を感じる人が急増しているためです。
家庭教師市場は、ここ10年で約14%縮小し、苦しい市場となっています。
打って変わって、逆に個別指導塾に人気が集まり、市場を拡大しているのが現状です。
ここで家庭教師ならではのメリットを検討してみましょう。


□家庭で学習習慣を身につけることが出来る。
普段の生活スペースで学習を行うため、より日常的な学習習慣を身につけることが出来ます。
そのうえ、家庭という安心感から変な緊張をすることなく、落ち着いて学習に集中することが可能です。


□良き相談相手になる。
家庭教師は、家族や友人などとは違う存在であり、なかなか周囲には相談出来ないようなことでも気軽に相談することが出来る存在でもあります。
また、近年増加している引きこもりや不登校などの子どもには家庭教師という存在が大きな影響を及ぼす可能性もあります。
マンツーマンでの指導から対人関係を学び直すことができ、さらに学習面においても遅れを取り戻すことが可能であり、普段の生活を取り戻す手助けが出来る立場にも成りうるのです。


家庭教師という存在に様々な面で期待出来る部分がありますが、逆にマイナス効果を発揮してしまう可能性もおおいにあります。
プラスの効果を期待するには家庭教師選びが重要となるのです。

Copyright © 2014 家庭教師に期待することとは All Rights Reserved.